*

【最新版】自動車重量税の計算方法、減税や還付、軽自動車の税額など

公開日: : 生活

weight-tax1

自動車重量税とは、どんな税金?

自動車を買うと、いろいろな費用がかかってきます。

車を持つことでかかってくる税金の1つが、「自動車重量税」です。

1971年から課されている税金で、その名の通り、自動車の重さによって税額が決まります。

どうして重いと税金が増えるのでしょう??道路が傷むから?

課税の根拠があいまいで、自動車業界からは廃止が求められている税金ですが、まだ当分払わないといけないようです。

 

それでは、この自動車重量税についてわかりやすく説明していきましょう。

Sponsored Link


 

自動車重量税はいつ払う?

car-161770__180
 

自動車重量税は、1年につきいくらと計算される税金です。

しかし、実際には毎年支払いをするわけではなく、
  • 新車購入時:3年分
  • 車検時:2年分
をまとめて支払います(普通乗用車・軽自動車の場合)。

また、普通は自分が直接納税するわけではなく、購入時・車検時に自動車ディーラーや車検業者を介して納めることになります。

 

それでは、新車ではなく中古車を購入した場合にはどうなるかと言うと…

まだ車検まで期間が残っている中古車であれば、前のオーナーがすでに納税しているので支払う必要はありません。

(前のオーナーも、車検前に手放したからと言って、重量税が戻されることはありません)

しかし、購入時に車検を通す必要のある中古車の場合は、購入時に2年分を納める必要があります。

 

自動車重量税はいくら払う?

自動車重量税は、普通乗用車と軽自動車で異なり、普通乗用車は以下のように500キロ刻みで税額が上がっていきます。

特に、コンパクトカークラスだと1,000キロ前後になることが多く、1,000キロと1,010キロでは税額が2倍違ってくることになります。

(以下は、平成28年3月31日までの税額)

一見複雑そうで、実は計算方法の基本はすごくカンタンです。

エコカー減税が無い場合

軽自動車

1年あたり3,300円になります。

したがって、
  • 新車購入時:3,300円×3年分=9,900円
  • 車検時:3,300円×2年分=6,600円
となります。

ただし、年数が13年を超える古い車の場合は、下表のように車検時の重量税が加算されます。

【車検時】
自動車重量税
~13年未満 13年経過 18年経過
6,600円 7,800円 8,800円
 

 

普通乗用車

重さ500キロごと、そして1年ごとに4,100円が加算されます。

たとえば、重さが900キロの車なら1トン以下に分類されますから、500キロ以下の2倍になります。
  • 新車購入時:4,100円×2×3年分=24,600円
  • 車検時:4,100円×2×2年分=16,400円
となりますね。

ただし、年数が13年を超える古い車の場合は、車検時の重量税が加算されます。

一覧表にまとめると、次のようになります。

 【新車購入時】
車両重量 自動車重量税
0.5トン以下 12,300円
~1トン以下 24,600円
~1.5トン以下 36,900円
~2トン以下 49,200円
~2.5トン以下 61,500円
~3トン以下 73,800円
 

【車検時】
車両重量 自動車重量税
~13年未満 13年経過 18年経過
0.5トン以下 8,200円 10,800円 12,600円
~1トン以下 16,400円 21,600円 25,200円
~1.5トン以下 24,600円 32,400円 37,800円
~2トン以下 32,800円 43,200円 50,400円
~2.5トン以下 41,000円 54,000円 63,000円
~3トン以下 49,200円 64,800円 75,600円
 

エコカー減税を受ける場合

原則は上記の通りですが、最近の車は環境基準をクリアして「エコカー減税」の適用を受けることが多くなっています。

自動車重量税のエコカー減税には、「全額免除」「75%軽減」「50%軽減」「25%軽減」の4種類があります。

 

ただし、上の表の金額をベースに計算するわけではないことに注意が必要です。

 

実は、自動車重量税法では、自動車重量税は、
  • 軽自動車:2,500円/年
  • 普通乗用車:重量500キロごとに2,500円/年
と定められています。

これを「本則(税額)」と言いますが、実際には特例措置として上記のように本則を超える税額が課されているのです。

しかし、エコカー減税では、この「本則」の税額をベースに軽減されることになるため、実際にはその軽減割合以上に減税されることになります。

その場合の税額を表にまとめると、以下のようになります。

 

軽自動車

【新車購入時】
自動車重量税
全額免除 75%軽減 50%軽減 25%軽減 本則
0円 1,800円 3,700円 5,600円 7,500円
 

【車検時】
自動車重量税
全額免除 75%軽減 50%軽減 25%軽減 本則
0円 1,200円 2,500円 3,700円 5,000円
 

 

普通乗用車

【新車購入時】
車両重量 自動車重量税
全額免除 75%軽減 50%軽減 25%軽減 本則
0.5トン以下 0円 1,800円 3,700円 5,600円 7,500円
~1トン以下 0円 3,700円 7,500円 11,200円 15,000円
~1.5トン以下 0円 5,600円 11,200円 16,800円 22,500円
~2トン以下 0円 7,500円 15,000円 22,500円 30,000円
~2.5トン以下 0円 9,300円 18,700円 28,100円 37,500円
~3トン以下 0円 11,200円 22,500円 33,700円 45,000円
 

【車検時】
車両重量 自動車重量税
全額免除 75%軽減 50%軽減 25%軽減 本則
0.5トン以下 0円 1,200円 2,500円 3,700円 5,000円
~1トン以下 0円 2,500円 5,000円 7,500円 10,000円
~1.5トン以下 0円 3,700円 7,500円 11,200円 15,000円
~2トン以下 0円 5,000円 10,000円 15,000円 20,000円
~2.5トン以下 0円 6,200円 12,500円 18,700円 25,000円
~3トン以下 0円 7,500円 15,000円 22,500円 30,000円
 

やはり、今の時代、エコカーを購入して環境に配慮しつつ、減税の恩恵を受けるべきでしょうね。

 

自動車重量税の還付

上述のように、中古車の売買等によって自動車重量税が戻ってくることはありません。

自動車重量税が還付されるのは、「廃車」のケースです。

車検まで1ヶ月以上残っている状態で廃車した場合、残りの期間に応じて自動車重量税が還付されます。

たとえば、前回の車検で30,000円納付済みで、次回の車検まで5ヶ月残っているタイミングで廃車にした場合…

 

還付される自動車重量税は、30,000円×5ヶ月/24ヶ月=6,250円 となりますね。

 

以上、自動車重量税についてのお話でした。

Sponsored Link

関連記事

記事はありませんでした

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


weight-tax1
【最新版】自動車重量税の計算方法、減税や還付、軽自動車の税額など

自動車重量税とは、どんな税金? 自動車を買うと、いろいろな費用がかか

24h
【最新版】DAIGOも参加24時間テレビマラソンランナー歴代距離ランキング

今年もやって来る24時間テレビ、過去のマラソンの距離は? 2

sigetomo-risa1
重友梨佐世界陸上マラソン代表に!増田明美・田中智美との因縁は

紛糾した北京世界陸上マラソン代表選考 天満屋の重友梨佐選手が、8月の

ito-mai1
伊藤舞北京世界陸上マラソン代表に!画像や高校時代などを紹介

テグに続いて2度目の世界の舞台へ 伊藤舞選手は、2015年3

maeda-kazuhiro1
前田和浩が世界陸上マラソン代表に!中学時代から愛車、結婚まで

苦しいレースの中で勝ち取った世界代表 九電工の前田和浩選手は

→もっと見る

PAGE TOP ↑